お一人様万歳!
0

    今日もまた、立川は大混雑だった。昭和記念公園で「肉フェス」とやらが開かれていた。私は、いつものお一人様のグループの定例会で、登戸から南武線に乗ったのだが、日曜なのにギューギュー詰め。休日の朝の南武線は、登山、山歩きのシニアグループで確かに混んでいる。でも、昼過ぎなのに…、しかも若い人、家族連ればかりだ。そして立川駅ではボルテージ高い駅員の声。「肉フェスにお出かけの方は北口…」、昨年か、一昨年かの、開催時にも大騒ぎの混雑だったことを思い出したけれど、とてつもない人数が立川に流れ込んでいる。立川は大都会だ。

    お一人さまのグループは、私のお付き合いの中ではちょっと異質だ。「未亡人歴23年、私はこの未亡人というネーミングが大好きで…」なんていうニューフェイスがいると思えば、昨年の9月に連れ合いを亡くし、悲しみのどん底にいながら、縁もゆかりもない茅ケ崎に一軒家を衝動買いして移り住んだという人もいる。お一人様と言っても、大半がいわゆる未亡人で、年金も住まいも心配がない恵まれた人たちなのだが、中には、今、親の介護で必死な人も何人か…・。母一人子一人「母親の最期は私が看取ることができる。でも自分はどうなるか不安だ」と、切々と話す。いろんな人がいて、面白いグループなのである。そのお一人様グループの来月の活動は、三浦半島日帰りツアー。どんなハプニングが待っているか、楽しみだ。

     

     

     

    | wife編集部 | - | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    素人離れのジャズコンサート
    0

      吉祥寺に住む友人が長年お稽古をしているジャズヴォーカルの、年に一度のコンサートに行ってきた。市の公共施設を使って月に何度か練習している市民サークルだから、メンバーはほとんど私世代より上の人たち。プロのシンガーを招いての個人レッスンらしいが、英語で歌うというだけが決まり事で、あとは自由に、好きな曲を練習しているんだって。演歌、歌謡曲が中心のカラオケ同好会と違ってみんなおしゃれ。ジャズといっても、映画の曲だったり、誰でも知っているスタンダードメロディーを歌っていると友人が言っていたから、以前から興味があった。今回、その友人が遠慮がちに誘ってくれたので大喜びで聞きに行ったというわけ。合唱とか、シャンソンの発表会にはお付き合いで行ったことがあるが、素人は素人……。じっと聞いているのがつらい、そういう経験をしたことがあるけれど、ジャスは好きだから……。

      行ってみて、驚いた。たかがシニアの趣味、だなんて思っていたら大間違い。バックの演奏が素晴らしいのだ。テナーサックス、ドラム、ベース、ピアノは、れっきとしたプロのミュージシャンで、彼らの演奏を聴いているだけで、大満足だ。30人ほどのシンガーが入れ代わり立ち代わり、お見事な人も、それなりの人もいたけれど、全ての楽曲に、本格的なジャズセッションが入る。特に私が好きなテナーサックスにはしびれた。それを聞いているだけで涙が出てきた。いい時間だった。それにしても、吉祥寺のあの方々、みんないい感じに歳を重ねているんだなあ。

      | wife編集部 | - | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      昼間から飲んだ
      0

        今日もまた、昼間から飲んだ。来月開く予定の大学のサークルOB会の打ち合わせを口実に、いつものメンバー6人で東京駅に集合。八重洲の地下街には「昼から飲めます」と、わざわざ入口に張り出してある店がたくさんあるのだ。仲間の一人に紹興酒好きがいるので、何回かに一度は、中華で紹興酒、というのが暗黙の了解になっている。サークルの顧問が昨年亡くなったから、OB会も縮小となる。縦のつながりを大事にするのは、私たちの世代、3年後輩くらいまででもう最後だろう。女性は特に、横のつながりは大事にしても、先輩後輩の関係を持ち続けたいと考える人はゼロかもしれない。社会に出ていないと、縦の関係は無用だもの。

        こうやって頻繁に飲むのも、あと10年だね、と今日も話した。あと10年の間に、何人残れるか。

        一冊もののライティングが、一つ終わった。それを提出したから、今日昼間から飲めたのだが、すぐにまた新しい一冊ものが始まる。その前に、書きかけのものが一つある。書かなきゃ〜と思うのだが、進まない。

        「頭がウニになっている」と話したら「なにそれ、どんな状態」とのんきに聞いてくる。退職してもう10年も、ゴルフ以外はな〜んにもしていないオトコである。説明しても分からないだろうよ。かなり大きな会社の役員としてまだ現役のもう一人のオトコは、「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略」(幻冬舎新書)をこっそり見せてくれた。これを買って研究中だという。私ともう一人のオンナは、その本に反応して大笑いだ。私も読んでみよう。

        | wife編集部 | - | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        お向かいさんが決定
        0

          繰り返し確認をしないと、曜日の感覚がなくなってしまう。世間は日曜日だ。でも私は休みではない。朝から池袋のファミレスで次号のWifeの最終校正を行った。あと1件、広告が届いたら、印刷屋さんに出せる。発送作業は28日の予定。

          我が家の前の建売住宅に、入居者が決まった。小さな男の子が2人いる若い家族が、「にぎやかになります」と、そろって丁寧にあいさつに見えた。にぎやかで結構。ここから3人の男子と、2人の甥っ子が巣立って行ったのさ。引っ越してくるのは11月1日なのだそう。大きなトラックが入るだろう。引っ越しは大変だ。

          昨日まで、近くの古いお宅の取り壊し作業が行われていた。地響きの2日間、今日その家の前を通ったら、100坪以上はある昔の分譲地が更地となって姿を見せていた。2件に分けての建売住宅になるか、賃貸アパート? それとも豪邸が建つのか。この辺りは建設ラッシュだ。けっこう大きな家が建ち始めている。ちょっと前までは、超高齢者のたまり場のような地域だったけれど、少し若返るかな。

          | wife編集部 | - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          箱根駅伝予選会
          0

            昨日、久しぶりに立川駅を通った。箱根駅伝予選会に出場する大学の旗がずらり。予選会、そろそろだなと、パンフレットを手にした。13日じゃないか、というわけで、朝からテレビにくぎ付けだ。自衛隊の基地からスタートして、駅前から立飛、泉体育館とモノレールの下を通り、砂川口から昭和記念公園に入る、今年から1キロ長くなったそうだが、各大学10人の総合タイムの上位11校が正月の箱根駅伝本大会で走ることができる。沿道の応援も、年々増えているし、コースの様子を十分に知っている元地元人としては、ワクワクしながら中継を見てしまう。朝のラジオで、スポーツ記者が「これから予選会の取材で大都市立川に行きます」と言っていた。そう、立川は大都市なのだ。都心に出なくても、周辺で十分完結できる。私の老後生活もここで…と思っていた時期もあった。今でも、仕事がなければ立川が一番だ、と思っている。

            狛江に移って4カ月、仕事、仕事で、10年前にタイムスリップしたような毎日。住まいの周囲は、高齢者ばかりでど〜んより沈んでいいるのだが、私自身の行動範囲は広い。

            | wife編集部 | - | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |