ワイナリー巡りで救われた
0

    抱えている仕事をひとまずほっぽって、2日間、勝沼、甲府のワイナリー巡り。楽しかった。お一人様女性を応援するリリアンネットの企画イベントだ。メンバーの一人、48歳独身のライターさんが自ら取材して書いた、山梨ワイナリー巡りのガイドブックをもとに組んでくれたコースだ。

    中央高速日野バス停から、甲府行のバスで行く。スタートから波乱万丈。高速道路工事の影響で、バスが1時間も遅れていたのだ。一人で待っていたら心配で、いてもたってもいられなかっただろう。バスの旅は時間と気持ちに余裕がないと使えない。

    宿泊予定は、天空露天温泉の「ぶどうの丘」、町営の宿泊施設もある。そこを目指して、選りすぐりのワイナリーをいくつも回った。どこも無料で試飲ができる。ロゼも、赤も白も、そしてジュースも、こんなにたくさんの種類が作られているとは。ワインは今まであまり得意でなかったが、十分においしさを確認した。

    2日目には甲府のワイナリーも見学。勝沼のワインと、甲府のワインは、全く味わいが違うことも知った。奥が深い。

    何もかも忘れて、思い切って遊ぶのは本当に大事だと思った。ここの所あまりにもいろんなことがたまりにたまって、心身ともに落ちている私を、山梨の青い空とすがすがしい風が支えてくれたような気がする。もう少し、頑張らなきゃ。

    | wife編集部 | - | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    鴬が鳴いている
    0

      ホーホケキョ・・・朝、鴬がずいぶんはっきりと長い間鳴いていた。我が家のこんもり繁った木(名前は知らない)の花をついばんでいる。鴬って、この時季なのかなあ〜。我が家の近くには、いろんな小鳥が飛んでくる。毎年目にする種類が増えていくような気がする。鳴き声も様々で、大きいのも小さいのも…。鳥図鑑を見ても、正確な名前はよくわからないので、ただ聞き分けてじっとしているだけ。特に今朝のように涼しくてさわやかな日には、見えないところにもいろんな生き物がいるのだ。

      子どもの頃は、鳥が怖くて、嫌いで、スズメや燕以外の鳥を見ると、ゾクゾクっと鳥肌が立ってしまっていた。今は、大丈夫。昔は犬も猫も怖かった。それはきっと、母の影響だ。母が生き物嫌いで、妹がそれを受け継ぎ、いまだにどんな動物も苦手らしい。

      家の中に飼うのは、蚊くらいでいいけれど。子どもの頃から、ゴキブリもミミズも、アオムシも虫は少しも怖くない。

       

      昨日の夜から、眞子さまの婚約に向かって…の報道がすごいことになっている。世の中にはいるんだなあ。ご縁のある相手が…。世の中平和だ。

      | wife編集部 | - | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      こけた! 膝に傷、
      0

        京都の路地で、こけた。

        京都中京区壬生にある整形外科の病院で取材、日帰りにすべきところ、自腹でお泊りをした。さてどこを見学しようかと楽しみにはしてみたが、仕事が詰まっているから、まるまる一日を費やすわけにはいかない。京都も隅から隅まで行っていないところはないもの。歩きながら寄り道しながら…。幸いさわやかだ。京都なのに、まだあの暑苦しさはない。しもた屋風の民家や、古びた商店街など、古い路地を選んで、4条から、5条と駅の方に向かってひたすら歩いた。1時間ほどで、西本願寺から、新幹線が見えるところまでたとりついた。何だか近いではないか。以前、河原町通りを歩いたときは、ヘトヘトだったけれど…。堀川通のアパホテルの前を通り、こじゃれたわき道に入ったところで、こけた。何かにつまずいたのだ、見事にひっ転んでひざを打つ。店先の看板にものすごい音を立てって転がり込んでしまった。ひゃーっ、思わず座り込んだ。道行く若者が心配そうに声をかけてくれる。店の中から女性が飛び出てきた。あ〜、大丈夫、大丈夫。すっくと立って、さっさと歩きだす。ガードをくぐり、近鉄のアーケードの中に。

        どこも痛くない、ひねっていない…パンツも破れていないし、とトイレですそをめくって足を見たら、左の膝に傷。

        取材で膝の話を聞いてきたばかりなのだ。恥ずかしや、クロックスのゴム靴を履いている時は、いつもやけに突っかかる。転びそうになる。気を付けないと…

        | wife編集部 | - | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        母の日
        0

          一日中の雨でうすら寒い。昨日の暑さが何だったのか、全くついていけない。クールビズ、室温28℃の設定に関して論議が起こっている。28℃の根拠がないと、今更…。でも以前からこの室温には何の根拠もないと言われていたし…。私の中では、25℃だったし…。本日我が家は20℃。外に出る用事がなくて本当に良かった。

          大阪の息子から、母の日のプレゼントとして、たくさんの牛肉が送られてきた。笑っちゃうね。この年齢の人に送るにはボリュームが…。全く私の健啖ぶりをよく知っているからこその贈り物だ。ちょうど月曜に京都に行くから、お礼かたがた電話でそう伝えたら、息子は逆に東京だってさ。「この頃、週のうち半分は東京なんだ」と。そういえば先日は、息子たちが集まって食事をしていたな。私は火曜日に戻る。すれ違いだ。冷たい雨筋を眺めながら、明日はまた暑くなると聞こえてきた。この温度差に負けないように、体力をつけなくちゃ。食べるぞ!

           

          | wife編集部 | - | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          東京女子医大
          0

            このブログを書くためのサーバーに入ったら、ものすごくリニューアルしていた。頭が固くなっている私には、ちょっとの変更もついていけない。あたふた、あたふた…

            本日の仕事先は東京女子医大。一番古かった建物が、解体工事中だった。暗くて、ぼろくて、古臭かったが、大好きだった建物が、また一つ消えてしまった。工事で騒がしいのに加えて、医科歯科大で殺傷事件があったばかりだからか、警備が厳しい。病院はセキュリティが甘い、とかねてから感じていた。一日中、患者や見舞客が出入りしている。トイレを借りるためとか、時間をつぶすためだけに、立ち寄ることもよくあるもの。特に普通の診療外来の建物は、建物の中ではなく普通に町の中だと、私は思っている。嫌な事件が起こっても不思議じゃない場所。その東京女子医大にはいつも地下鉄大江戸線を使うのだが、帰りに新宿西口までのバスを使ってみた。乗るのは100%、お年寄り。地下鉄の方が速いのは確かだが、たまには新宿界隈をバスの高い窓から眺めるのもいい。のんびりした気持ちになった。

            何という日差しだ。風はさわやかなのだが、夏が来たのか。

             

            | wife編集部 | - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |