孫のランドセル
0

    大阪にいる孫が、来年小学生になる。当然、ランドセル購入はおばあちゃんの仕事と、世間ではそういう風潮だ。でも、きっと嫁ちゃんの親が楽しみにしているだろうから、何か他に買う?と息子に聞いてみた。すでに小5になる長男のところの時も、ランドセルは向こうの親、私は地球儀やらもろもろの学習雑貨を一緒に買いに行ったのを思い出す。ところが三男は、「ランドセルは、自分たちで買います」「子供のものは自分で選びたい」と強い主張。いいね。クリスマスの頃に、現金を渡すことにする。現金の方か、かえって高くつく…のだが。嫁ちゃんのお母さんは、自分で選びたいに違いない。孫、いのち…だから。

    わたし自身の子育ての時は、3人の子のランドセルは、みんな自分で買った。生協で、安くて無難なものを買った記憶がある。おじいちゃん、おばあちゃんがお祝いに買ってくれるということは思いつきもしなかった。今、数少ない子どもの周りに群がるすさまじい商魂、嬉しがって振り回されているお金持ちのじいちゃんばあちゃんが、私の世代だ。なんだかなあ。

    | wife編集部 | - | 09:32 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    弟夫婦の子どもと同学年だったので、ランドセルが必要な時期も一緒。当然買ったもの、と思ってダンナがどこで買ったんですか?と聞いたら、姉の娘(いとこ)のお下がりを使う、と。
    大好きないとこのお下がりを使えると喜んでいる姪を見て夫婦で恥ずかしい気持ちになったのを思い出しました。
    | 明子 | 2017/07/21 9:41 AM |









    トラックバック機能は終了しました。