捨てる…
0

    広辞苑の改訂版が出た、らしい。一昨日、古い広辞苑を捨てたばかりだ。父の持っていた物を併せて、我が家には古い辞書が山のようにある。もうあんなに重い辞書のページを開く機会はないだろうと…。どんどん捨てていくことにした。私が捨てなくちゃ、負の遺産だ。辞書だけでない、今、分別ごみの日に我が家の前には袋がいくつも出る。親が残した毛布は古布の日に出せることが分かったので、透明袋に丸めて何度も何度も捨てている。布団の捨て方がいまいちわからない。燃えるゴミの日に有料の袋に入れて出してもいいと、立川のゴミ出し指南書には書いてあるが、大きな有料袋に入るのか…。入らない場合は粗大ごみ、だそう。この粗大ごみが面倒くさい。電話して、指定の日に家の前に出せばいいだけではない。指定の店で粗大ごみのチケット❓を購入しなくてはならない。細切れの時間で家のことをしている私には、この一連の手間がとても煩わしい。粗大ゴミに出す必要がある親の遺産がまだたくさん残っているのだ。あ〜あ、確かに立川のこの家は私の名義になったが、ごみも含めて不用品一切合切が私のものになってしまった。親の成績表や表彰状、写真類はまだ処分しやすいのだが、日本人形や、こけし、わけのわからない器などは、一気に捨ててしまうにはあまりにも数が多すぎて…。この先、私自身のお荷物も、自分で捨ててしまわねばいけない。気が重い。

    | wife編集部 | - | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.wife.co.jp/trackback/1588150