ドアに腕を挟まれた小さな男の子
0

    喜多見駅で電車に乗ろうとしていた時、火がついたような子どもの泣き声が聞こえた。私が乗った隣のドアの隙間に腕を吸い込まれた幼稚園くらいの男の子が泣き叫んでいた。午後3時ごろ、すいている時間帯だ。

    帽子に制服姿だから、どこかの私立幼稚園に通う子か。そばでお母さんらしき人がわなわなと震えている。「挟まった」「はさまっている」と、数少ない乗客もおろおろ。飛び出して、車掌さんを呼ぶ人、ただ立ったり座ったりする人…、一人のおじいさんが、「ボタン、ボタン」と大きな声で、ドアの横下部分にあるスイッチを探して押す。その時、やっと車掌さんが飛んできた。同時にするするとドアが閉じて、男の子の腕も抜けた。あんなに見事に挟まってしまうのか、初めて目撃した。一瞬泣き止んだ男の子だが、「痛いよ〜」「おれてるよ〜」とまた叫び続ける。血は出ていない。車掌さんは「念のため医者に行きますか?」と冷静にお母さんらしき人に話しかけるが、女性はお礼も言わずに、男の子の腕をつかみ、片方の手で、床に置いてあったいくつもの紙袋と、ブランドものらしきバッグをつかんでホームに出て行った。その後、親子連れがどうしたかはわからない。「おきやくさま対応のため、しばらくお待ちください」と、車内放送が流れたが、電車は何事もなかったように走り出した。

    「ドアはさまれ」を注意する文言は、しつこいくらい何枚も、各ドアに貼ってある。電車に乗りなれない小さな子には、保護者は何度も注意するだろうから、実際に親の目の前で子どもの腕があんな風に見事に挟まるなんて信じられなかった。傘とか、スカートの裾が挟まれることは考えられるが。いやはや、何が起こるかわからない。子ども連れの親御さん、気を付けて下さいね。

    | wife編集部 | - | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    時間を間違えた
    0

      「お休みのところ、ご連絡ありがとうございます」、メールの書き出しに無意識にこう打ち込んで、ハッとした。休みは昨日までだった。連休も土・日も関係ない働き方をしている私だから、普通の勤め人のサイクルは頭に入れておかないといけないと、注意している。今朝午前中に、代理店の若い女性からメールが届いた、その返信のつもりだった。違う、違う、慌てて書き直す。「いつもお世話になっております…」

      この頃本当に自分が信じられない。時間や日にちを何度も確認して、確認しないと…。

      おとといも冷や汗ものだった。百合丘のクリニックのドクターとは確かに14:00の約束だった。なのに、いつの間にか、午後4時と思い込み、出かける時間は15:00過ぎでいいと…。百合丘は電車に乗れば20分かからない、駅まで歩く時間を入れても、十分だとで思い込んでしまっていた。ダラダラしていたら、ドクターからメール、「申し訳ない、急に患者さんがやってきたので14:15にお越しください」。14時20分くらい前のこと。いけない! 大きな勘違いだった。どうしよう、どうしよう、大慌てで飛び出す。14:02発の電車に飛び乗って、「14:30までにはうかがいます」と返信。18分には百合丘駅に到着、飛ぶように走ってクリニックに駆け込んだ。幸い?まだ患者さんがいる。ラッキーだ。私の失態は表ざたにならず、逆にドクターが恐縮しきり。そのあと、1時間半、無事に話を聞くことができたのだが。危ない、危ない。時間の感覚が…信じられない。こうやって歳を取っていくのだ。

      | wife編集部 | - | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      明日も夏日になるらしい
      0

        夏に逆戻りかと思った。明るい日差しが、暑い。しかし、真夏と違うのは、南側の窓から入る陽射しが、だいぶ部屋の奥まで届くことだ。新しくした畳の奥まで、太陽に照らされた。太陽は低くなっている。地球はちゃんと自転しているのだ。

        祭りのおはやしが聞こえてくる。近くの岩戸八幡の秋祭りだ。その昔、まだ子育て真っ最中の頃、少年野球のチームに参加していた息子たちは、山車を引いたり、子ども駅伝大会でこの地域を一回りしたものだ。確かに、この季節だったと思う。あの頃の少年少女たちは、もう立派なお父さんお母さんになって、ほとんどこの地域にはいない。

        先日三男が来た時、一番仲の良かった幼馴染と大阪で飲んだ、と報告してくれた。同じようにテレビに関わる仕事をしている二人は、連絡し合っているようだが、男同士はあっさりしている。「あいつ、まだ独身らしい」

        この前は、女子のテニスジャパンオープンで立川が賑わっていた。そして今日は、調布で錦織が勝った。馴染みのある地区、ご近くでメジャーな試合が繰り広げられているのが、わけもなく興味深い。直接会場まで観戦に出かけて行かないけれど。あ〜あそこでやっているんだなあと、思うだけでいい。

        | wife編集部 | - | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        かかとが痛い。
        0

          かかとが痛い。1年ほど前から、朝、第一歩を踏み出す時、左のかかとに痛みが走る。最初に気付いたのは、仲間と居酒屋で散々楽しんだ後、さて帰りましょうと立ち上がった際に、かかとに痛みを感じた。ン?と嫌な感じだったが、気にしなかった。その1年くらい前、ペッタンコの底が硬い普通の靴で旅に出た後に、強烈に膝が痛くなり、いよいよ私にも膝痛かきたかと、落ち込んだものだ。変形性膝関節症の取材が続くたびに、こっそり自分の症状を織り交ぜてドクターに質問してみたが、どうも私の膝痛は、膝関節の典型的な症状とは違うみたい。そして今度はかかとの痛み。かなり変形している外反母趾も左、膝もかかとも痛いのは左足、つながっているのだろう。

          かかとの痛みは、足底筋膜炎と呼ぶらしい。土踏まずの筋肉の衰えが原因だと、いくつかの足のストレッチを辛抱強く続ければ、治まると……。膝痛には、大腿四頭筋を鍛えるのが基本だと、いくつもの記事に書いた。痛みは、要するに加齢による衰え。

          膝の痛みは気にならなくなったけれど、外反母趾とかかとの痛みは続く。足のストレッチを頑張ってみよう。嫌になる、歳をとるってこういうことなんだ。

          | wife編集部 | - | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          秋の花粉症がきた
          0

            来た、来た〜、一日中、くしゃみと鼻水が止まらなかった。今朝からだ。ブタクサなど秋の草に過敏に反応する私、異常気象が続いて、ちゃんとした季節なんてなくなってしまったのかと思っていたが、いよいよ秋が来たということになる。くしゃみ、鼻水は夜になるとウソのように治まる、でも、鼻と喉が腫れまくって違和感。辛い季節だ。

            何週間ぶりで、立川の家に行った。駅から数分歩くだけで、あちこちの木の枝、幹が折れた残骸が目に入る。台風24号の強風で、古木は軒並み被害を受けたようだ。大きな木だけでない。老人一人暮らしで、外回りに気を配っていない何軒かの家の周辺に、小枝や葉っぱが固まっていた。狛江よりも、だいぶ風の影響が強かったようだ。我が家の壊れかけた垣根は大丈夫か、道路の方に出ていた垣根の枝々は? ちょっと心配していたのだが、「台風が来る前に、ちゃんと切りましたよ」と息子。庭の雑草が勢いよく伸びているくらいで、たいして荒れ果てた庭にはなっていなかった。ひと安心。何か植物を持って帰ろうと思っていたけれど、やめた。またにしよう。

            カレーをひと鍋、煮込んで、私自身のためにもタッパに詰めて持ち帰る。「これで2日くらいはもつか」なんて喜ぶ息子だが、いやいや、きっと明日で鍋の中は空っぽになるだろう。

            | wife編集部 | - | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |