一歩も外に出ない…
0

    普通の仕事人は4日から始まっているとみえて、ガンガンメールが届いた。抱え込んだ原稿の出来上がり見通しを確かめる連絡。結局は急げということだ。あ〜、昨日から一歩も外に出ないで、pcに向かう生活に戻った。気を付けないと、肩から背中を壊す、目を傷める、足はむくむし。

    昨日から地震が続く。昼前の大きな間違え地震警報の時には全く揺れは感じなかったが、その夜、確かに揺れた。そして、今朝も、速報も出ないくらい局地的で小さな揺れだったのだろうが、怖い、怖い、関東大地震が間近なのか。大災害がこないだろうということを前提に、今年の目標は、遊ぶ! 楽しむ。今までだって遊んでいたじゃないか、はい、確かに、引き続き一人で楽しいことをしようと思う。一人で…。

    お正月のおみくじにも、「引っ越しはよい、早い方がなおよし」とあったから、早いうちに引っ越すことにする。と、いろいろ思いを巡らせているうちに、時間はどんどん過ぎていく。あ〜 今年もせわしなく追いかけられる日々が続くのだろうな。

     

    | wife編集部 | - | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    トリックアート美術館
    0

      明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

      今頃こんなあいさつをしているのは、昨年暮れから息子一家とどっぷり時間を共有していたから。とてもとてもpcに向かう時間などなかった。普通の人には当たり前の年末年始生活なのかもしれないが、私は初めて…。ぎりぎりまで仕事をしていて、それでも終わらなかった原稿書きを封印した。そして、今日はもう4日。今年の仕事運は、大丈夫か?

      暮れに、どこか行きたいところがあるのかと、6歳の孫に尋ねると、即座に出てきたのが「高尾山のトリックアート美術館」だった。画像で見ていたらしい。21年目の大リューアルとあるが、行って見て驚いた。オープン当時に取材で隅々まで観たときのイメージは、もう全くない。写真を撮ってみんなに見せるということを前提としたトリックが満載なのだ。口ではうまく表現できない。インスタ映え?…。スマホで写した画像を回転させれば、大きく口を開けたライオンやワニに喰われそうだったり、スフィンクスから落ちてしまいそうだったり、ベンチに座れば肩に猫が巻き付いているような写真が撮れたり、床にお金が落ちていると思ったらそれはただの絵だったり…。家族連ればかりでなく、若い人たちや外国人で賑わっていたし、私自身も1000円の入場料で十分すぎるくらい楽しんだ。

      | wife編集部 | - | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      西国分寺のクルミドコーヒー
      0

        どこに行ったとか、何をしたとか、全く学生の日記のようで恐縮だが、前から気になっていた西国分寺のクルミドコーヒーと言うカフェに、初めて入った。乗り換え以外でこの駅に降りる機会は全くない、一度だけ、妹と待ち合わせて駅周辺でお店を探したことがあるが、その時はクルミドコーヒーの存在すら知らなかった。なんだか今人気になっているらしく、しかもリビング新聞の後輩ライターさんがアルバイトをしている店なので、一度は行って見たかった。打ち合わせの場所をこちらから選ぶ際に、近くて申し訳ないけれどと、ここを指定させてもらったというわけ。今は予約しないと入れないかも…だそう。店の中が狭いこともあるけれど、一種独特な雰囲気で女の子が好きそうなカフェだ。地下と2階の大きなテーブルを囲んで座る、家庭のリビングのようで、実際に客は全て女性であった。そりゃそうだ、平日の昼間に西国分寺でお茶している人は主婦か学生しかいないだろう。早稲田実業が国分寺に引っ越してきてから、この辺りはずいぶんおしゃれになったし、人が集まるようになったと思う。昔の仕事仲間と3人で、懐かしい話で盛り上がった。仕事の話?がメインだったはずだが、楽しい打ち合わせの時間だった。いつもと違うメンツでしゃべるのも楽しい。

        | wife編集部 | - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        クリスマスコンサートへ
        0

          東京オペラシティで開かれたクリスマスコンサートに行った。北欧からやってきた室内合奏団の出稼ぎ演奏会? 誰もが良く知っているクラシックの名曲、オペラやバレエ曲のいいとこどりの演奏は気楽だし、何よりも楽しい。ちょっとだけお洒落をして優雅な気分に浸ることができた。もちろんその後おいしいランチも。豪勢にステーキ丼とおしゃべりが止まらない。仲間とのいい時間だった。

          昨日の日曜日は、ぽかぽかと暖かい墓参り日和だった。父と母の墓は、横浜市のはずれ戸塚にある。宮崎県にあった父方の墓はすべて閉めて、8人ほどのご先祖さまがここに眠っている。私はすでに家を出た身なので、この墓を守る筋合いはないのだが、独身の弟は誘ってもめったに墓には来ない。自分はここに入るのだろうに、弟が死んだあと墓守はいなくなる。どうする気なのかと、私が心配する必要はない。私がいますることは、時間がある時に、いろんな合間を縫って墓石を汚さないようにすること。出来なくなったら、仕方がない。出来る時に…。今年最後の墓参りも終了。日々時間は続いているのだけれど、正月を挟むからあわただしい、なんか落ち着かない。

          | wife編集部 | - | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          羽村の街歩き
          0

            多摩地域をのんびり歩く、健康ウオーキング。10年目の本日を最後に終了するそう。私自身はここ1年余り参加していなかったが、最後だし、羽村の平坦コースなので頑張った。2万歩、久しぶりにこんなに長く歩いた。10年もたつと、参加者だけでなく主催者も歳をとる。ただ参加している身は楽だけれど、特に主催する人のご苦労は大変なのだ。コースを計画し、下見に行って、当日のお世話もある。今回で最後となるのを惜しむ声も多かったが、仕方がない。誰か引き継いでくれない?と主催者は盛んに声をかけるが、だれでもがリーダーとなれる器ではないのだ。本当にご苦労さんだった。

            夏にキリンの赤ちゃんが生まれたばかりという羽村動物園も本日のメインスポット。シニア料金100円、ここでお昼を食べたのだが、これにはちょっと困った。だって動物園は臭いんだもの。いくらきれいに掃除がしたあっても動物は動物。獣の匂いが鼻について、食べる気が失せる。残念…。

            それにしても、暖かくて散歩にはちょうどいい一日だった。

            | wife編集部 | - | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |