同級生は心地よい
0

    アメリカに住んでいる高校の時の友人が帰国した。あと1週間ほどでまた帰るというので、やっと予定をすり合わせて、今夜4時間ほど食べて飲んでしゃべり合った。甲府に住んでいる友人も出てきやすいように、八王子での待ち合わせ。いい店があるかどうか心配だったが、行き当たりばったり入った店は大当たり。安くておいしくて、感じも良かった。次も…、八王子で飲む機会があるだろうか…・。

    2年前に亡くなった友も交えて、いつも4人で会っていたのだが…。今夜、何度も出てきたフレーズが「間違いなくいつか死ぬ」。だから今を充実させなくてはいけない。心からそう思う。

    アメリカ住まいの夫婦は、この冬シニア向けの分譲地に引っ越した。日本とは比べ物にならないスケールの大きいシニア向け住宅でそこに住めるのは50歳以上の家族だけなのだそう。実際には子どもが独立してシニア夫婦だけで暮らす人たちばかりの地域になっているという。スクールバスも来ない、年寄りだけの町…、これから先、一生そこに住むつもりなのかと聞いてみた。「不動産は投資だと捉えているから、終の棲家ではない、最後の10年は、日本に住むだろう」とすらっと話す。再婚した奥さんの家が杉並にあるのだが、そこで暮らすのだと。私たちの会話は、いつも最後はあと10年どうやって生きるか、どこで最期を迎えるかという話で終わる。共通の思いが基本にあるから、何を話しても疲れない。同級生は心地よい。

    | wife編集部 | - | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    早くも食欲の秋か…
    0

      食欲があり過ぎて困ってしまう。今年は異常に早く春が来たし、今週にはもう夏が来てしまうらしいから、私の食欲中枢もすっかり狂ってしまったようだ。人間は危機を防ぐための自己防衛力が備わっているとか。肥満細胞もそれ。人類の危機をいち早く察知して、私の食欲は増しているのだろうか。昨日も買い物に行って、目につく食料を買ってきたのに、作っても作っても残り物が出ない。一人暮らしとはいえ、ほとんど毎日息子がいるから、一日2食は2人分を作っているというわけだが、冷静に考えると5人分くらい食べてしまっているかもしれない。子育ての時の感覚に近い……・。息子も、「作り過ぎだよ」なんて言いながらペロリと平らげ、そのうえ、お絵かき教室の合間に、2階に上がってくるたびに、何かをつまんでいく。食欲があるのは元気な証拠。元気だから仕事もこなせる。さて、明日の朝ご飯は、何にしようか?

      | wife編集部 | - | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ユーミンの歌が聞こえる
      0

        この頃ユーミンをテレビでよく見る。思いっきり露出して、懐かしい歌を披露する。ユーミン世代は私よりも少し下の人たち、弟が何枚もLPレコードを持っていた。今でもうちの納戸に残っている。荒井由実、松任谷由実という歌手の曲が巷にあふれている頃、私はもう子どもを産んでいて、そんなセンチな気分とは無縁の毎日だった。私の心に残っているユーミンの曲は「まちぶせ」が最初。しかも、歌っていたのはユーミンではない。彼女の曲は心を打つけれど、本人が歌うと少しも染みてこないのは私だけ? 苦しそうで、下手だよなぁ…。

        健康寿命を延ばそうという話を聞いて、それをまとめて記事にする機会が多いけれど、どのドクターも、筋肉強化が最も大事だと力説する。歩く、動く、そのほか、カラオケを推奨する話が多く出てくる。のどの筋肉を衰えさせないためには、歌うのがいいのだそう。のどにも筋肉がある、それの力ななくなると、誤嚥をおこしやすくなるのだって。食べ物を喉に詰まらせてしまわないように、大きな声で歌う習慣が大事だって。そういえばカラオケ、1年以上行ってないな。黙々とpcに向かう日が続いていると、声が出にくくなっているのに気づく。たまに、息子から電話がかかってくると「寝てたの?」なんて言われてしまうありさまだ。カラオケに行くのは面倒だから、今夜は風呂の中で歌うか!

        | wife編集部 | - | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        平日昼間の居酒屋は
        0

          東京駅、昼飲み居酒屋はシニアだらけ。かくいう私も同類だ。大学同期の集まりは、今回から午後1時の集合になった。全員が約束の時間の1時間も前に到着していたらしい。「早く出かけてよ」と、奥さんに追い出された――と。ランチのサラリーマンの波が去った後の居酒屋は、個室でひざを突き合わせるいくつかのシニアグループだけ。赤い顔をして、何度も何度も順番にトイレに立つ。年金生活者にちょうどいい価格帯で、ちびちび飲んでつまんで……、これは男性の姿。女性は、飲めば飲むほど、食べる、食べる。サラダに刺し身に、煮魚……。実は私、昨晩も立川で昔の友人と会って飲んでいた。友人は甲府に帰る途中下車で、ちょっとしゃべって近況報告だけ、のつもりだったが、気づいたら22時を回っていた。帰れたのかしら……。マダムたちとのランチ会も楽しいけれど、学生時代のノリで喋りまくる昔の友達と過ごす時間も本当に楽しい。集まる場所、店を調べて予約を入れてくれる人、連絡係を実にマメにしてくれる人、毎回欠かさず参加する人、付き合いが長いと自然に役割分担ができあがる。ただ参加しているだけの私だが、一番忙しい私のスケジュールを優先してくれるから、ありがたい。心臓の検査入院を控え、今日参加できなかった一人に電話して、4時には散会。 「エーッ、もう帰ってきたの、ご飯ないわよ」と言われてしまうだろうな。

          | wife編集部 | - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          恵比寿で
          0

            一年ぶりに訪れた、恵比寿にある外資系の製薬メーカー。3年連続して、ご指名の取材打ち合わせだった。小児の難病、成長に関わる疾患の啓もう記事だ。北海道と東海、プラスいくつかの地方のドクターに話を聞くことになるらしい。5月末からスタートだから、まだまだ先の話だ。30代半ばから始まった私の医者取材、小児科の成長障害に始まって、年令に合わせたように疾患が変わっていった。近頃は整形外科専門だったが、3年前に再び幼児期に発見できるこの疾患で各地を巡ることになった。どんなめぐりあわせなのか。ジジババの立場で、私よりも若いドクターに話を聞いていくのもまた楽し。製薬メーカーが、この年齢の私に依頼するのだから、ありがたいことだ。

            さすが、恵比寿にはおしゃれな若い男女があふれていた。ちょうど昼休みだったから、ラフな格好の人たちが、コンビニの袋や財布(いや、スマホ)片手にウキウキと行き交う。立川で働く人たちとはどこか雰囲気が違う気がする。いい刺激を受けた。でも、どこにも寄らずに渋谷から吉祥寺、立川に帰ったのだが。

             

            | wife編集部 | - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |